僕がバリフを飲む理由

2年前から僕はレビトラのジェネリック医薬品であるバリフを飲んでいます。
その理由は僕がEDだからです。
その原因は僕の持病が影響していると医師に言われました。
だからと言って簡単に夜の生活を諦めることは出来なかったのです。
なぜなら僕はまだ20代と若くこれから先ずっと、夜の生活が出来ないのは辛いと思いました。
そこで医師に相談したところED治療薬の服用をすすめられました。

僕は早速飲み効果を得ることが出来たのですが、医師が処方してくれるものは日本で認可されたもののみで、僕が気になっているジェネリック医薬品は処方出来ないと言われたのです。
そこで以前聞いたことのある医薬品の個人輸入について調べてみました。
僕が独自に調べた結果、医薬品の個人輸入は一度に購入出来る数は制限されているものの、一般の個人が自分で使用する分については、特に手続きもなく個人輸入出来ることが分かりました。

これは正直以外でした、個人輸入という言葉だけ聞くと、色々申請書などが必要だと勝手に思っていたので、それを知りずいぶんとハードルが下がったのです。
とは言えろくに英語が出来ない僕が、すべて個人輸入の手続きをするのはやはり大変です。
そこで頼りになるのが個人輸入代行サイトでした。
医薬品の個人輸入をしている人の多くが、この代行サイトを利用しているのです。

この代行サイトに任せれば僕は注文と支払いをするだけで、あとは荷物が手元に届くのを待ちます。
私が利用した代行サイトはクレジットカードでの支払いの他、郵便振替での支払いも可能でしたので、私はクレジットカードより安全そうな郵便振替で支払いを済ませました。
支払い後発送の連絡がありその後も随時、配達状況が知れたのでとてもありがたかったです。
僕が頼んだレビトラのジェネリック医薬品であるバリフは、相手に服用したことを悟られずに済むという説明通りで大満足でした。

効果も最大5時間も続くので十分ですし、私は半錠でも効果を感じることが出来、そのコストパフォーマンスの良さにも感動したのです。
僕はより効果を感じることが出来るように、気を付けていることがありますそれはなるべく空腹の時に飲み、その後30分ほどは何も飲まないということです。
バリフは食事の影響を受けにくくお酒を飲んでいても大丈夫だと言われていますが、くすりは空腹の時が一番吸収率がいいと言われているので、そのように実践しています。
とても効果的で皆さんにすすめたいのですが、誰でも飲めるというわけではありません。
持病があって硝酸剤を使用していたり、血液透析中の方などは服用できません。
またこれはどのED治療薬でもそうだと思いますが、未成年の人は飲むことが出来ません。

65歳以上の場合は服用前に、医師に相談すると安心です。
何かあってからでは遅いので、不安に思うことがある場合は病院に行きましょう。
とても効果的で毎日でも飲みたいのですが、服用は1日1回までで次の服用までは24時間空けなければいけないという決まりがあるので、続けて飲む場合は注意してください。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。