バリフの効果や通販の情報

現在日本国内でも良く知られているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
それぞれ効果が出てくるまでの時間、持続時間、副作用の出方等が違いますが、それぞれ病院で処方してもらう事ができます。
ただ健康保険は適用されないので、バイアグラの場合は1錠あたり1500円から1800円程度必要です。
病院では薬代以外にも初診料等も必要で、その金額は2500円から5000円位の所もあります。

ED治療薬は風邪等の薬とは違って、症状が改善されるまで1日3回飲み続ける必要がある薬ではありません。
必要な時に飲む薬となっています。
また、日に何度も飲むのは良くない事で、1回服用したら24時間以上次の服用まで時間を空けなければいけないので注意しましょう。
そのため、その人の飲み方によって医療費にはかなりの幅がありますが、1錠1500円として月に2回程飲むとすると、年間で薬代だけで36000円程必要となります。
そこで、医療費の節約の為に良く用いられるのがジェネリックです。

同じ有効成分が入っているので先発医薬品と同じ飲み方をすれば良く、薬価事態は10分の1とか5分の1という風になっているので、経済的な負担を軽減する事ができます。
錠剤が他のED治療薬に比べると小さく、溶けやすいのがレビトラです。
そのジェネリックとして有名なのがバリフと呼ばれる薬です。
有効成分はバルデナフィルで、服用方法はレビトラと同様となっています。

参考画像


画像掲載元・・・バリフの効果や通販の情報

勿論部分的に効果が出てくるものなので、体全体に影響を与えるという事はありません。
基本的にバリフを服用する時は、レビトラと同様の注意をしておけば大丈夫です。

飲む時は水を使う事、できればコップ1杯以上用意しましょう。
速効性があるので、早い人であれば15分程度、多くの人は20分から30分くらい過ぎると変化を感じる事ができます。
ただ、レビトラ同様副作用には気を付けましょう。
多くの人が感じるのはのぼせ・ほてり・頭痛・鼻づまり等です。
服用する量が増えれば増える程副作用が出やすくなるので、初めて利用する時は最少量にしておきましょう。
そうすれば副作用自体は出にくくなります。

食事の影響は受けにくい薬ですが、脂っこい物や高カロリーの物等を事前に摂取していると内臓に油の膜ができてしまって成分をうまく吸収できない事があるので注意しましょう。
出来れば薄味、和食などにしておいて、腹八分目までで抑えておけばそれほど食事に気を使う必要はありません。
ED治療薬全般に言える事がですが、服用する時はアルコール摂取には気を付けましょう。

アルコール自体は体内の血流を改善する働きも期待できますが、飲み過ぎるのは良くありません。
バリフはアルコールの影響を受けにくい薬としても良く知られていますが、飲み過ぎると効果が期待できないだけでなく、思わぬ作用が出る事もあるので注意しましょう。
アルコールを飲む習慣がある人は、いつもよりも少し量を控えて、飲んでもほろ酔い程度にしておきましょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。